Loading

wait a moment

VIO脱毛するときの格好は?恥ずかしくないの?

紙パンツを着用することが多い

VIOは人気の脱毛部位といえます。Vはビキニライン、Iは性器周り、Oはおしり周りの脱毛部位となっています。VIO脱毛をしたいけれども、どんな格好でするのか気になる、という人も多いでしょう。

Vラインの場合は、紙パンツのようなものを着用して仰向けになることが多いです。施術する部分が紙パンツで隠れていれば、紙パンツをずらしながら照射していきます。Iラインの場合も同様に紙パンツを着用して仰向けになることが多いのですが、より施術しやすいように片膝を立て、それを横に倒して性器周りが見えやすいように施術していきます。紙パンツを着用せず、タオルのようなもので隠しながら施術していく場合もあります。Oラインの場合は、何も着用しない、またはTバッグの紙パンツを履くことが多いです。肛門部分を広げる必要があるので、四つん這いになったり横向きに寝たりして施術が行われます。スタッフが二人付き、一人のスタッフがお尻を広げながら施術が行われることもあります。

スタッフはプロ!恥ずかしがる必要なし

VIO脱毛は、それぞれこのような格好で施術が行われます。逆に、恥ずかしくて躊躇してしまうという人もいるでしょうが、恥ずかしがる必要はありません。スタッフはプロですし、淡々と施術を行ってくれます。時間も数分と短時間なので、その時間さえ恥ずかしさを我慢すればいいのです。施術を繰り返していくうちに慣れてきた、という人も多いです。

VIO脱毛することで、蒸れや臭いの軽減などメリットも多いです。施術時の恥ずかしさを考える必要はありません。躊躇せずにチャレンジしてみてくださいね!

VIOライン脱毛はVIOの脱毛のことです。自分でお手入れするのは難しく、デリケートゾーンになりますのでエステやクリニックで施術してもらうのがお勧めです。