Loading

wait a moment

どうしてほくろが出来るの?ほくろに関する迷信と美肌維持の工夫

ほくろの扱いに関する迷信や除去手術の注意点

ほくろは皮膚細胞の中にあるメラニン色素が密集している部分を指します。ほくろは様々な形状の物がありますが、ニキビのような小さい膨らみを伴う物が多数を占めます。ほくろは特有の色や形状から癌細胞に変化しやすいと言われていますが、医学的な物証が乏しいため明確な根拠がありません。また、ほくろに刺激を与えると炎症や出血が生じることがありますが、皮膚が隆起しているほくろは表面積が広いので刺激を受ける部分が多くなり、傷が生じやすくなります。そのため、無意識のうちに掻き毟ったりカミソリで傷つけてしまうことがありますが、傷口の消毒を適切に行えば炎症などの不具合に見舞われる心配はありません。近年ではほくろに関する迷信の知名度が低下したことにより、美容外科などでほくろを切除するケースが増えています。その一方で処置後の衛生管理を怠ると重大な疾患が生じる可能性があるので、優秀で信頼出来る医療機関を選ぶことが大切です。

ほくろの発生を防ぐための工夫

ほくろは皮膚細胞のメラニン色素の集合体ですが、肌に紫外線を当て続けると発生しやすくなります。日焼けによって生じたメラニン色素がシミになって表皮に残り、次第にほくろを形成してしまいます。また、日光を浴びない環境にいる人でも蛍光灯やテレビモニターなどから放出される紫外線の影響でほくろが増えるケースがあります。一度形成されたほくろは自然に消えることは無いので、毎日の暮らしの中でほくろが出来ないように気を付けることが大切です。紫外線に当たるのを避け、肌のダメージを緩和させる保湿クリームなどの薬剤を適度に使用するのが綺麗な肌を維持するための工夫になります。

身体の目立つところにほくろがあるとコンプレックスに感じる事がありますが、その際は美容外科などでほくろ除去を行うと心がスッキリしてコンプレックス改善につながるでしょう。