Loading

wait a moment

力を入れすぎないで歯を磨く事が大切

歯磨きは、力を入れすぎないで磨くのがポイントです。あまりにも力を入れすぎてしまうと歯のエナメル質を痛めてしまい、視覚過敏や歯槽膿漏などの症状を発症する恐れがあるからです。力を入れるのではなく、ゆっくりと磨いていけば、歯に付いている歯垢を取り除けます。歯を傷つける心配も無くなるので、快適な口内状況を何時までも保てるようになり、口内問題を極力発生させないで済むようになります。

小刻みに揺らしながら歯を磨くのがポイント

特別なスキルは一切必要なく、歯を磨く時は小刻みに揺らしながら磨くのがポイントです。電動歯ブラシのように小刻みに揺らせば、歯と歯の間も歯垢や食べカスなども綺麗に排除可能です。大雑把に磨いてしまうと歯垢や食べカスを排除できないだけではなく、歯や歯茎を痛めしまう要因になります。虫歯や歯周病などを発症してしまう可能性が出てくるので、小刻みに歯磨きするのが大切な部分です。

歯だけではなく歯茎にも注目

多くの人が歯に注目しがちですが歯茎も綺麗にしないと歯周病を進行させる可能性があります。そこで歯を磨く他に歯茎も優しく磨ければ、健全な歯茎を長い間維持できるようになります。若い方でも歯茎が原因による歯周病を発症させている方がたくさんいるので注意です。歯茎を磨く時も歯と一緒で力を入れ過ぎてはいけません。ゆっくりと時間をかけて歯茎を磨けば、綺麗な状態を保てるようになります。乱暴に磨くもしくは力を入れすぎないように注意していき、歯茎から出血をさせないようにきをつけないといけないです。

歯の根の中には根菅(こんかん)という管があり、神経が入っています。虫歯が深い場合この神経を取り除き、その後根菅の中を洗浄・消毒し細菌が入らないよう薬を詰める作業が行われます。これが「根管治療」です